困ったときの処置

困ったときの処置についてご説明します。

ガラスバッジやガラスリングを洗濯したとき

洗濯したガラスバッジは自然乾燥してください。(急激な加熱乾燥は避けてください。)また、直ちに最寄りの弊社営業所へご連絡ください。場合によっては、ガラスバッジを交換する必要があります。ガラスリングも同様です。

ガラスバッジやガラスリングの交換時期がずれたとき

「測定依頼票」の通信欄に該当する方の「お客様コード」「整理番号」「お名前」と「ご使用期間」をご記入のうえ測定依頼してください。このご使用期間に限り実際にご使用された期間で報告書を作成いたします。なお、お一人でガラスバッジとガラスリングをご使用されているときは、ご使用期間を同じにする必要があります。

ガラスバッジが破損したとき

最寄りの弊社営業所へご連絡ください。新しいガラスバッジと交換する必要があります。破損したままご使用になられた場合は、「測定依頼票」の通信欄に該当する方の「お客様コード」「整理番号」「お名前」とその旨を明記してください。

紛失や破損された場合、有料となります。

ラベル表示と異なる部位に装着されたとき

「測定依頼票」の通信欄に該当する方の「お客様コード」「整理番号」「お名前」と実際に装着された部位を明記し測定依頼してください。この使用期間に限り、実際に装着された部位で線量を算出いたします。

ガラスバッジやガラスリングを紛失したとき

直ちに最寄りの弊社営業所へご連絡ください。替わりのガラスバッジやガラスリングをご用意いたします。ただし、この場合は有料になります。

ガラスバッジやガラスリングが汚染したとき

直ちに最寄りの弊社営業所へご連絡ください。替わりのガラスバッジをご用意いたします。汚染したガラスバッジは、基本的に新しいガラスバッジと交換となります(有償となる場合があります)。
汚染したガラスバッジは、完全に除染してから使用中に汚染したことを測定依頼票の通信欄に該当する方の「お客様コード」「整理番号」「お名前」とその旨を明記のうえ、測定依頼してください。管理区域から持ち出せる基準値以下に除染できないときは、法令に従った処分をしてください。ガラスバッジを汚染しやすい場所で使用するときは、ガラスバッジをジーガードに入れてご使用ください。