ガラスバッジとガラスリングの構成/仕様-Part1

ガラスバッジとガラスリングの構成と仕様およびモニタの種類についてご説明いたします。

ガラスバッジとガラスリングの構成

ガラスバッジおよびガラスリングの構成は以下のとおりです。

モニタの種類

モニタの種類に対応する測定線種および測定範囲は以下のとおりです。

モニタの種類

1)モニタ商品名で、「Pタイプ」とあるものは、オプション商品のジーガードにガラスバッジを入れて使用する商品です。また「Tタイプ」とあるものはGⅢ型ガラスバッジに非接触センサーを組み入れて使用する商品です。

2)表示の測定線量範囲は、137Csγ線に対する線量範囲です。

3)単独照射の場合の線量範囲です。

4)熱中性子の測定線量範囲は、2mSvが上限となります。

5)表示の測定線量範囲は、241Am-Be中性子に対する線量範囲です。

6)表示の測定線量範囲は、90Sr-90Yβ線の70μm線量当量の線量範囲です。

7)報告は、熱中性子と速中性子の合計です。