個人線量の求め方 - Part1

ここでは、実効線量、等価線量、線量限度などについてご説明します。

実効線量とは

実効線量とは、外部放射線を受けた人体の組織・臓器毎の吸収線量に組織荷重係数・放射線荷重係数を乗じた値の総和で、確率的影響のパラメーターです。単位はシーベルト(Sv)です。しかしながら、この値を実際に求めるには非常に困難であるため、実用的な手法はないかという考えのもとに採用された量が1cm線量当量(H1cm:1センチメートル線量当量)です。よって、以下のように法令で定義付けされています。(均等被ばくの場合)

1cm線量当量 = 実効線量

放射線を放出する同位元素の数量等を定める件(平成12年10月23日科学技術庁告示第5号)第20条第1項1号

等価線量とは

等価線量とは、外部放射線を受けた人体の組織の吸収線量(Gy)に放射線荷重係数を乗じて求めた値で,確定的影響のパラメーターです。単位はシーベルト(Sv)です。放射線防護上、着目しなければならない組織は,皮膚と眼の水晶体および女子腹部があります。この値を実際に求めようとするには困難であるため、実用的な手法はないかという考えのもとに採用された量が70μm線量当量(H70μm:70マイクロメートル線量当量)です。よって、以下のように法令で定義付けされています。

70μm線量当量 = 皮膚の等価線量

放射線を放出する同位元素の数量等を定める件(平成12年10月23日科学技術庁告示第5号)第20条第1項1号

眼の水晶体につきましては、H1cmとH70μmを比較して大きい方を眼の水晶体の等価線量としています。

線量評価部位

外部放射線の種類と1cm線量当量・70μm線量当量と実効線量
および等価線量との関係

放射線の種類 1cm線量当量 70μm線量当量
X, γ線 (1) (3)
β線 (4)
中性子線 (2)
合計 (5) (6)

※単位:mSv
(1)〜(4):測定の対象
(5):実効線量
(6):皮膚の等価線量
(5)と(6)の最大値:眼の水晶体の等価線量
:測定の対象外

ガラスリングは指に装着しますが、指は法令上頭部・頚部・胸部・上腕部・大腿部以外に該当し、70μm線量当量のみを測定します。よって、皮膚の等価線量を算定しています。(放射性同位元素等による放射線障害の防止に関する法律施行規則第20条第2項第1号ハ)

線量限度

放射線業務従事者の線量限度は、放射線障害防止法・医療法施行規則等により,次のとおり定められています。

線量限度

※1: 平成13年4月1日以後5年ごとに区分した各期間
(2001.4.1〜2006.3.31, 2006.4.1〜2011.3.31,.....)
※2: 4月1日を始期とする1年間
※3: 妊娠不能と診断された者、妊娠の意思のない旨を使用者等に書面で申し出た者および妊娠中の者を除く
※4: 4月1日、7月1日、10月1日および1月1日を始期とする各3月間
※5: 本人の申出等により管理者等が妊娠の事実を知ったときから、出産までの間について(医療法施行規則・放射線障害防止法施行規則)
妊娠と診断されたときから出産までの間について(電離放射線障害防止規則)