報告書の見方-Part3

ここでは、「個人線量管理票」および「個人モニタ測定値管理票」についてご説明します。

個人線量管理票

法令で定められている項目を網羅している報告書です。大切に保管する必要があります。個人線量管理票は、法定管理帳票です。

個人線量管理票の説明図
  • 各四半期末日を含むご使用期間のご報告の際、個人線量管理をお届けします。なお、女子のうちマティ管理を申請されている方、1ヶ月管理をお申込みされている方、1ヶ月間の実効線量が1.7mSvを超えた方(自動的に1ヶ月管理に移行します)は、月末日を含むご使用期間のご報告の際、個人線量管理票をお届けします。
  • ご使用者が同時に複数の事業所でモニタを使用した場合、個人コード単位で集計し、他事業所分累積値もご報告いたします。(標準)他事業所分累積値も併せて法定限度を超えないように管理してください。個人線量の累積方法をご確認ください。
  • 複数個(胸と手など)のモニタをご使用になった場合、「個人モニタ測定値管理票」を併せてお届けしますが、これは「個人線量管理票」と同じように保管してください。

個人モニタ測定値管理票

ご使用者が複数のモニタをご使用の場合、「個人線量管理票」と同時に出力され、モニタごとに深さ別、放射線の種類別の測定値を報告します。法令で定められている項目を網羅している報告書です。大切に保管する必要があります。個人モニタ測定値管理票は、法定管理帳票です。

個人モニタ測定値管理票の説明図
放射線管理者の方へ
報告書の値が適切であると認定された場合は、認定欄にご捺印ください。ご捺印後、グループ毎、個人別にファイルしてください。
この帳票は、法令で定められている項目を記載した帳票ですので、大切に保管してください。
保管期間は次のとおりです。*詳細については該当法令を参照してください。
電離放射線障害防止規則:30年間(第9条第2項)
放射線障害防止法:永久保存(第20条第3項)