ガラスリングの装着

ここでは、ガラスリングの装着部位、装着部位の表示、装着サイズ等についてご説明します。

装着部位

  • ガラスリングの装着部位は、お申し込みいただいた内容で設定しております。
  • 指が体幹部よりも多くX・γ線を受ける場合には、X・γ線用ガラスリング(モニタコード:JP・JK)を装着してください。
  • 指が体幹部よりも多くβ線を受ける場合には、β線用ガラスリング(モニタコード:JB・JL)を装着してください。
ガラスリング:装着部位

装着部位の表示

  • お申込時にご指定いただきました装着部位を下記の表に示します。左欄の表示に対して、右欄の部位にガラスリングを装着してください。
装着部位名称 実際に装着する部位
指(左右どちらの手も可)
右手 右手の指
左手 左手の指

最も多く放射線を受ける可能性の高い指に装着してください。

放射線の入射方向に素子面が向くように装着してください。

ガラスリングの装着サイズ

  • 指の大きさに合わせて大小2種類の大きさが選べます。大きさは下記のとおりです。
サイズ X・γ線用 β線用
大(17〜30号)(幅)13.6mm × (最大直径)20mm JK JL
小(7〜16号)(幅)12mm × (最大直径)24mm JP JB

※:指輪サイズ※外形寸法
大(17〜30号):(幅)12mm × (最大直径)24mm
小(7〜16号):(幅)13.6mm × (最大直径)20mm

装着部位と装着方式(個人用モニタ・ガラスリング共通内容)

  • 装着方式は、装着部位によって次のように異なります。弊社では、表に示す印のとおりに装着することを標準としています。
  • 管理区域内においては、ガラスバッジを常時装着してください。
  • ガラスリングは、指(手)が放射線を受ける可能性のある作業時に装着してください。
  • ガラスリングを管理区域内で常時装着(フルタイム方式)するときは、弊社までご連絡ください。
装着方式の名称 フルタイム装着方式 パートタイム装着方式
頭・胴・腹(体幹部) non
指(末端部)

:弊社が標準条件として採用している方式
:ご希望によって採用可能な方式
non:採用できない方式

末端部モニタの装着方式(個人用モニタ・ガラスリング共通内容)

  • 管理区域内における末端部モニタの装着方式は、次の二つの方式があります。
装着方式の名称 個人モニタの装着方式
フルタイム装着方式 管理区域内で常時装着
パートタイム装着方式 放射線を受ける作業時のみ装着